フクシマ建設を利用して自分に合った住まいをつくる

注文住宅にする

契約までに図面はしっかり確定を

注文住宅というと施主の要望を反映させた住宅を建築できる建築方法というイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。もちろんこのイメージは間違っていませんが建築会社の中には注文住宅といっていても予め仕様や選択できる設備に制限がある建築会社も多いのです。こうした制限が多いのは工務店やハウスメーカーに多いのです。もちろんこうした建築会社のすべてが制限があるというわけではありません。一般的にイメージされている注文住宅というのは設計事務所で設計された住宅である場合がほとんどです。建築会社を選択する際にはどのくらいの自由度があるのかを事前にしっかり勉強して選択する必要があります。ハウスメーカーなどで契約する場合には間取りを確定させたうえで契約することも後悔しないためには重要です。

トラブルに巻き込まれないために

注文住宅といって住宅を販売している建築会社の中には条件付きの土地に住宅を建築する建築会社があります。条件付きの土地というのはその土地に建てる住宅を建築する建築会社を指定した土地のことです。中にはということですがこうした土地を販売する会社の中には住宅のデザインは自由にできるのでなどといって土地の契約を急がす建築会社もあります。通常こうした条件付き土地を購入した場合建物の契約が成立しなければ土地に関しても違約金なしで解約することができます。しかし悪徳業者の中には土地の解約に違約金を請求したり解約させてくれない会社も存在します。 まずはこうした会社と契約しないことが重要ですが万が一こうしたトラブルに巻き込まれた場合には消費者センターや無料の弁護士相談会など第三者にいち早く相談することが大切です。